ホーム > 製品案内 > 鉄道の線形(曲線整正・管理) > 軌きょう敷設ゲージKS2201A

軌きょう敷設ゲージKS2201A

これ1本で軌きょう敷設に伴う測定が全て出来ます。
 
一般的な標準ゲージの機能(軌間とカント測定)を有しており、これ1本で敷設に伴う測定が全て出来ます。(電気的に左右を絶縁していません。生きている線路では使えません)
 
   

測定方法

icon  

固定爪を基準レール側に載せ、軌きょうのカントを調整します。

icon  

中央の水準器により、レーザーと高低測定の方向を鉛直に調整します。

icon  

レーザーの電源スイッチを入れます。

icon  

レーザーの光点が、標点の中央に来るように軌きょうを横移動させます。

icon  

「H」の値になるように軌きょうの高さを調整します。

icon  

軌きょうが横にずれなかったか、レーザー光点位置を確認し、必要により修正します。

icon  

高さも確認します。

   

 
 
 

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム