ホーム > 製品案内 > 鉄道測定器 > ホーム測定 > 走行式建築限界測定器

走行式建築限界測定器

走行しながらでラットホーム・乗務員昇降台・一般建築限界の測定が出来ます。
 
本測定器は、プラットホーム・乗務員昇降台・一般建築限界の測定を、各々専用の部品を組み立てることによって測定を行うことの出来る、走行式の測定器です。走行台車上には支柱スライド部を設けており、曲線区間における拡大寸法にも対応することが出来ます。
離れ・高さの測定は、各箇所に設けられた目盛板による読み取り式としています。又、各支柱は組立式で走行台車上に取り付けられ、二人で持ち運び測定作業を行うことが出来ます。
 
  走行式建築限界測定器

特長

 

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム