ホーム > 製品案内 > 鉄道測定器 > レール測定 > トラックマスター

トラックマスター

目的・用途に応じて、あらゆる軌道検測に対応。    
     
本製品は通り変位(左・右)・高低変位(左・右)・軌間変位・水準変位・平面性変位の7項目を測定することが出来ます。    

装置本体は通り基準ビームを兼ねた台車フレーム・高低基準ビーム・走行車輪及び狂い量測定センサにより構成し、2分割の組立式で手押し走行(4km/h以下)により測定を行います。

 

    

一般区間・分岐器検査・仕上がり検査に便利で、現場で測定内容を確認できる

KS5736シリーズ トラックマスターPC+。

   

一般区間・分岐器区間におけるバックゲージ測定を行う事が可能な

KS5745シリーズ トラックマスターバックゲージ測定機能付。

   

仕上がり検査を変える、軽くて便利な次世代式トラックマスター

KS5722シリーズ 1Mトラックマスター(仕上がり検査用)。

   

モーターカー等に連結し、牽引走行しながら軌道検測可能な

KS5750、KS5752、KS5755シリーズ 牽引式トラックマスター。

   
     


      トラックマスターPC+

 
   

特長

icon  

現場でミニプリンターを使用して測定データの印刷が可能です。

icon  

雨天使用可能です。

icon  

電源には充電式バッテリ-を採用しました。

icon  

各軌間(G=1435,1372,1067)に対応します。

     
     
   

 

     

トラックマスターバックゲージ測定機能付

 

     牽引式トラックマスター

 

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム