ホーム > 製品案内 > 鉄道測定器 > レール測定 > ロングレール状態監視装置

ロングレール状態監視装置

レール軸応力とレール温度を連続的に測定します。
 

本装置は、歪みゲージセンサと温度センサを内蔵した軸力センサ、B型(レール取付型)やC型(収納BOX型)の測定(記憶)装置、および専用ソフトから構成されています。電源は、ソーラーパネル方式のため、外部電源が不要です。

連続的に測定データを記憶することができ、記憶された測定データは、無線通信でパソコン等に取り込むことができます。
専用ソフトで分布図や変遷図を描くことで、ロングレールの状態を連続して監視できます。

 
 

特徴 KS6480B B型(レール取付型) 

icon  

電源はソーラーを使用しているため、外部電源が不要です。さらに、バッテリーが内蔵されていますのでソーラー電力が不足しても心配ありません。

icon  

ケーブル配線がなく、設置工事、メンテナンスが簡単に出来ます。

icon  

約1年間(測定間隔10分で使用した場合)データを連続的に測定し記憶できます。

icon  

測定間隔を1分~60分の間で任意に設定できます。

icon  

測定装置に記憶されたデータは、パソコンソフトから無線接続して収集します。測定装置とパソコン間の距離は250mまで接続可能です。(オプション品使用時)

icon  

測定装置とパソコン間は無線接続によりますので、
現場に立ち入らずデータをパソコンに収集できます。

     
 
 

特徴 KS6480C C型(収納BOX型)

icon  

 電源はソーラーを使用しているため、外部電源が不要です。さらに、バッテリーが内蔵されていますのでソーラー電力が不足しても心配ありません。

icon  

新幹線の現場や、降雪の予想される現場でも測定が可能です。

icon  

約1年間(10分間隔で測定データ記憶時)データを連続的に測定し記憶できます。

icon  

測定間隔を1分~60分の間で任意に設定できます。

icon  

測定装置に記憶されたデータは、パソコンソフトから
無線接続して収集します。測定装置とパソコン間の
距離は400mまで接続可能です。(オプション品使用時)

icon  

測定装置とパソコン間は無線接続になりますので、
現場に立ち入らずデータをパソコンに収集できます。

     
 
 

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム