ホーム > 製品案内 > 鉄道測定器 > 建築限界 > 線間測定器

線間測定器

軌道中心間隔測定を行う線間測定器です。
 
本器は、測定部及び表示部により構成し、軌道のレール内側面位置からのワイヤー引き出し量により、 軌道中心間隔測定を行う線間測定器です。またプリセット設定値を変えることにより、軌道中心からの距離(建築限界)や軌道のレール内側面からの距離を測定する事ができます。

小型、軽量、しかも最小値測定機能を設けており、誰にでも簡単に高精度の測定を行うことができます。
  線間測定器

特長

icon  

ワイヤー巻取り式のため長尺な測定器とはならず、架線等に触れる心配が無く安心してご使用いただけます。

icon  

最小値測定機能により、誰にでも簡単に軌道中心間隔の最短距離を測定することが出来ます。

icon  

電池の消耗を極力少なくする為、5分以上なにも操作しなければ低消費電流モードとなります。

icon  

電池電圧低下すると、『*』印が表示され、交換時期をお知らせします。

icon  

緊急の場合はワイヤーを引張り上げることにより、レールキャッチを取り外すことが出来るので安全です。

   

 

 
 

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム