ホーム > 製品案内 > 鉄道測定器 > 建築限界 > レーザー式架線測定器(電車線チェックマン)

レーザー式架線測定器(電車線チェックマン)

 

地上から安全かつ正確に測定できるレーザ式架線測定器

 

レーザ式架線測定器は、レールレベルから架線までの高さ及び変位を正確に測定可能な測定器です。地上から測定するため、活線状態の電車線でも安全に測定が可能です。

 

レーザ架線測定器(電車線チェックマン)新生テクノス株式会社共同開発

   レーザー架線測定器

特長

icon  

レーザ距離計を使い、正確な高さが測定可能

icon  

レーザ距離計の移動量から偏位を読み取るため、測定誤差が少ない

icon  

地上から測定するため、活線状態の電車線でも安全に測定可能

icon  

車輪式のため、測定位置の微調整が簡単

icon  

折りたたみ、分割できるため、持ち運びが容易

   

 

 
 

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム