ホーム > 製品案内 > 鉄道測定器 > 分岐器測定 > 分岐器マスター

分岐器マスター

分岐器マスター

 
本製品は、分岐器一般検査・分岐器機能検査の各検査項目を走行しながら自動的に測定できる検査装置です。
検査装置は、センサ・モータ・測定センサを搭載した走行台車と、駆動用バッテリ、操作用のタブレットPCから構成されています。
操作は全て専用のタブレットPCで行います。測定したデータは専用のソフトにて処理され、結果は帳票ファイルに出力されます。
  分岐器マスター

特長

icon  

早くて正確な自動(手押し)走行測定

   ・

走行しながら自動測定していくため、早く・正確に測定出来ます。

   ・

測定は作業員1人で行えるため、効率的です。

icon  

3D形状測定

   

3Dならトングレールの先端食い違い、継目(段違い・目違い・遊間)を測定することができます。

icon  

雨天測定

   ・

防滴構造です。

icon  

軽量化

   ・

運搬・組立ては、作業員2人で行えます。ワンボックス・ライトバン等に収納できます。

分岐器マスター測定中

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム