分岐器開通明示装置

分岐器の開通・非開通をお知らせし、分岐割出事故を防止
 
分岐器開通明示装置は、保守用車等が分岐器を進入するさい、分岐器の開通方向を大型明示灯(緑色LED)を使って確認できる装置です。センサ部は、転てつ器の動きを磁気センサで検知、複雑なプログラム操作なく使用可能です。また、内臓タイマを使用すれば、夜間の保守用車運行時間帯にのみ使用することも可能です。制御器内にバッテリが搭載されていて、停電時も使用可能です。構成は、すべて地上設備にて構成されていて、車両に対しての設備は不要です。そのため、設置・保守費用の負担を少なくして導入することができます。
 
  分岐器開通明示装置

特長

icon  

遠くから分岐の開通方向が分るように大型明示灯(緑色LED)を使用

icon  

作業前にプログラム入力等の準備が不要、使用方法が簡単

icon  

停電・瞬停時対応
(バッテリ内蔵、停電時は約6時間動作可能)

icon  

故障・異常時は、全ての明示灯を滅灯させてお知らせ

分岐器開通明示装置(LED明示灯)

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム