ホーム > 製品案内 > 気象観測 > 気象観測 > 雨量計用転倒マス

雨量計用転倒マス

安価かつ長期間安定して降雨量を計測
 

雨量計用転倒マスは、レインピュータNT等の防災型雨量計や雨量データロガーと接続して降雨量を観測します。雨量計用転倒マスの測定原理は、雨を受水口で受け、ろ過器で整流してから下にある転倒マス本体部へ落とします。転倒マス本体部は、2つのバケットと中心の指示軸で構成されています。バケットに0.5mmの降雨量に相当する水がたまると、その重さでシーソーの様に倒れ、電気接点の開閉を行い、雨量を計測します。また、積雪対策用としてヒーター付の仕様があり、降雪時には熱で雪を融かしながら降雨量を測定します。

  雨量計用転倒マス

特長

icon  

気象庁検定付(有効期間:5年間)

icon  

安価で長期間安定した観測・計測が可能

icon  

長距離送信が可能

icon  

新幹線仕様・積雪対策用にヒーター付仕様あり

icon  

一転倒0.5mmタイプの他に、官公庁仕様として一転倒1.0mmタイプの製品あり

雨量計用転倒マス設置図 雨量計用転倒マスの設置イメージ

機器構成の一例

機器構成図

 

詳細はこちらから

お問い合わせフォーム